一本木ネイルから

その名は”カズ”

近所のデパート系列の
コミニュティカレッジの英会話教室に行ってきました。
友達作りを兼ねて、今日から入会。スタートは1月スタートだったから。
聞けなくてもやっぱりネイティブ英語を聞きたい思いに駆られ
月二回 第一・第三 日曜日AM10:30~11:50
先生がアメリカ人女性。
女性っていうここが決めて。
あれだけニューヨークで黒人の男性に助けられているのにも関わらず
まだ、怖い💦

グループレッスンで
教室に入ると日本語は禁止。
私の苦手なリスニングが多く、良かったー。レベルは初級にしてみたけど、最初はこれで。
年齢は私を中心に見ると、少し下、少し上の女性が9名。見るからに私よりずいぶん上の男性3人の計12名。
オーバルの机で私は先生に一番近い一番前。
その隣に長老の男性。その人の名は”カズ”
先生がカズって言っていたから…でそのカズと私はペアで会話のやり取りを。
そのカズが”あのカセット(リスニングの声)は全然聞き取れんかった。聞き取れる方法をあんた教えてばい”
     ”今、先生は何て言いよるとね、ちょっと通訳してばい”
自己紹介の練習をお互いでしているときに”あんた、個人情報ば話してから個人情報やら言うたらいかんとばい”と言いだし
最後の宿題の話やテキストのCDの購入やダウンロードの仕方など説明があってる時に
     ”また、さっぱり分からん、ちょっと横に来て通訳ばしてくれんね”(カズと私の間は一席空席)
博多弁会話ですみません💦

先生が”カズ!ノージャパニーズ”って叱って。
こんな孫ぐらいの女性から長老のカズは叱られ、思わずプーッと吹き出しそうになったけど、そこは我慢。
私が”CDが必要なな人はいませんか?無料でダウンロードができるからダウンロードをしてもいいよ。
宿題は次のレッスンで2週間の間にしたことを発表してもらう”と言ってるよ。
私が、ダウンロードしてみるから次回お教えしますね。というと静かになりました!
たぶん、次のレッスンの時はまた隣と思う。みんな、隣には座らによね(笑)
…と言うことで第一番目の友達は”カズ”でした!!

グループレッスンっていかに積極的に参加し発表していくかです。

遠慮していたらただのストレスで終わってしまうから。

一か月に二回楽しんでみることにします。

Thank you for reading today.
MACY'S173.png


by newyork-jfk | 2018-01-21 22:23 | 一本木日記
<< 贅沢な休日なんだね。 ブルックリンから見るマンハッタン島 >>